エニーキャッシングは正規の消費者金融です。インターネットで大人気のエニーは大手消費者金融とは違い顧客に親身に対応することが評判で口コミで広まっています。よく勘違いされますが、決して闇金ではありません。

エニー キャッシング【評判・口コミ・審査】よく闇金と勘違いされるエニーの実態

eny360x120.jpg

キャッシングエニー 審査

柔軟なローンが組める中堅消費者金融のエニー


返済延滞を他社でしたことがあっても、審査の相談に乗ってくれるのが中堅消費者金融のエニーです。大手の消費者金融や銀行カードローンというと、返済の遅れや事故情報、債務整理などの信用情報が登録されたことがあれば、審査に落ちるのではと不安になるものです。エニーの公式ホームページの「よくある質問」に書かれていますので、心配な方もまずは相談してみてはいかがでしょうか。

エニーでは、2種類のフリーローンやおまとめローン商品を扱っており、学費ローンや教育ローンなどにも柔軟に対応してくれるということですから、使途にあまりこだわらず申し込みやすくなっています。エニーの本社は東京の上野にあるのですが、振込ローンなので全国のどこからでも融資を受けられます。

個人向けのフリーローンは、「1dayダイレクト」と「ビッグ」の2種類があります。フリーローンは、カードローンとは異なります。1回の契約で借り入れ・返済をしたのち、また融資を受けたくなったら、再度申し込みをすることになります。カードローンの場合は1回審査を受けて通過すれば、自動更新で上限金額まで何回も借りたり返済したりできますが、その点がフリーローンとの大きな違いです。

1dayダイレクトは、即日融資も可能なフリーローンです。緊急時でも振り込みによって全国へ対応しています。1dayダイレクトの融資金額は1万~100万円、年率は15.0~20.0%です。ビッグは1dayダイレクトとは違い、融資金額が100万~300万円と扱う額がビッグになっています。こちらの年率は12.6~15.0%ですので、やはり規模が大きくなるほど低金利です。ちなみに、ビッグの説明には即日融資とは記載されていませんので、すぐにでも借り入れをご希望の場合は1dayダイレクトです。

エニーのフリーローン1dayダイレクトとビッグは、申し込み条件が年齢が満20歳以上で、安定収入がある方となっています。エニー公式サイトの「よくある質問」を見てみると、収入が安定していればアルバイトや派遣社員、パートの方も申し込めるとあります。専業主婦の方の場合は、安定収入がご本人になくても配偶者の方にあり、さらに同意書などを持参すれば申し込めるとのことです。必要に応じて、手続きを検討してみてはいかがでしょうか。


eny360x120.jpg

 

エニーのキャッシング申し込み方法


中堅消費者金融エニーのキャッシング申し込みは、店頭窓口へ直接出向くか、インターネットキャッシング、電話、郵送・FAXの4タイプの方法があります。エニーの本社がある場所は東京の上野駅から徒歩7分のところです。振り込みでの融資に対応していますから、わざわざ東京まで足を運べなくても、上野まで行く時間がない多忙な方も、全国から手続きを始めることができます。

即日融資をご希望の場合、上記4タイプのどの手段を選んでもいいというわけではありません。即日融資を受け付けているのは来店、または電話からの2種類の申し込みに限られています。振り込みで受け取りたい場合は、郵送・FAXまたはインターネットのどちらかを選びましょう。4タイプのいずれの手段を選ぶとしても、エニーの公式ホームページの申し込みページから手続きを始めてください。

エニーの公式ホームページを見てみると、即日融資と振込融資とどちらを選ぶかによって審査基準が違うと記載されています。連帯保証人や担保が基本的に不要なローンでは、お金を融資するための審査は、その申し込み者の信用に対して金額などが決まります。実際に窓口でご本人にお会いしたり、電話でお声の感じなどから伝わるもので、審査基準に違いがでてくるのは当然と言えば当然かもしれません。

エニーの審査に要する時間は、だいたい30分くらいだとのことです。インターネット、郵送・FAXから申し込みをした場合、内容確認の連絡が電話で入り、その後審査がスタートします。電話からの場合は、審査結果が電話で折り返されます。本社窓口へ出向いた場合は、その場で回答されます。

もしエニーの審査に通過し無事に借り入れされることになれば、正式な契約手続きに必要な書類が3点いります。運転免許証などの身分証明書、印鑑、源泉徴収票または給与明細書です。身分証明書が顔写真つきのものでない場合は、住所確認のために別途書類が必要です。源泉徴収票は直近のもの、給与明細書は直近2カ月以内のものを準備しましょう。


eny360x120.jpg

 

エニーの貸金業法に基づいたおまとめローン


エニーでは、個人が利用できるフリーローンなどの他におまとめローンもあります。複数の金融業者から借り入れをしていて一本化を考えている方は、エニーのおまとめローンという選択肢を増やしてみてはいかがでしょうか。おまとめローンの申し込みをしたことが家族や職場にバレてしまうと、多重債務を抱えているといっているようで隠したいところですが、エニーなら周囲の方にわからないよう細心の注意を払って秘密厳守してもらえます。

注意点としては、エニーのおまとめローンは貸金業法に基づいた複数箇所からの借り入れができるものです。そのため、クレジットカードや消費者金融などのキャッシングで使ったお金の返済に適しており、クレジットカードのショッピングや銀行カードローンなどの返済目的から借り換えすることができません。消費者金融などの貸金業者からの借り入れが対象のため、貸金業法に基づくおまとめローンということになります。

銀行カードローンなどには利用できないとしても、おまとめローンは審査が厳しいことが多いですので、もし他社のおまとめローンで審査に通らなかった場合は貸金業者分の返済だけでも借り換えしてはいかがでしょう。おまとめローンにすると、それまでの通常の返済をしていたときより金利が低くなりますので、トータルの出費を節約できます。エニーのおまとめローンの実質年率は、年5.0~15.0%と良心的です。融資金額は50万~500万円で、年齢が満20歳を超えて安定収入を確保できている方なら、申し込み条件を満たしています。

エニーのおまとめローンは、返済期間が最長で10年間とゆとりがあります。しかし、あまりにも月々の支払額を少額にして長い期間返済にかかれば、その分利息が膨らんでしまいます。その結果、お得ではなくなってしまう可能性が出てきますので気を付けてください。

エニーのおまとめローンはあとから追加で借り入れできるものではなく、返済だけに限定した目的の商品となっています。わかりにくい部分は申し込みをする前にエニーの担当者さんに問い合わせ、納得した場合にのみ手続きをしましょう。


eny360x120.jpg

 

法人・個人事業主にエニーの事業者ローン


エニーでは事業者ローンがあり、法人や個人事業主の方が借り入れできます。事業者ローンはビジネスローンという呼ばれ方もされている商品です。例えば、銀行から融資を受けたいのに審査に通らないので資金調達ができない。急きょお金が必要になったけれど、緊急事態なので備えができていない。事業を始めるプランは整っているが経営実績がない。これから新規事業を立ち上げたい。他にも、さまざまな用途で資金が必要になることがあるはずです。

エニーの事業者ローンは基本的に連帯保証人や担保が必要ありませんので、困ったときにすぐ融資の相談をしやすいのではないでしょうか。事業費用の借り入れをするとなると金利の負担が懸念材料になるところですが、エニーなら年率6.9%~15.0%と低いので良心的といえるでしょう。完済するまでに許された期間は最長10年とゆとりがありますので、あせらず確実に返済していくことができます。

エニーは中小の消費者金融といことで、だからこそ大手にはできない強みというものもあります。銀行から借り入れをするというのは、街のあやしいヤミ金に手を出すのとは違い安心感がありますし低金利です。

しかし、金利が低い分だけ審査が厳しめだといわれていますし、申し込み手続きをしてから審査に通過し実際に借り入れができるようになるまで、かなり長い時間待たされます。場合によっては、1カ月近くかかったということも。ビジネスの場では緊急に資金調達をしなければならない事態もありますので、その場合なかなか間に合わないでしょう。

エニーの事業者ローンなら、申し込みをしてから最短で即日融資を受けられるケースもあります。スピーディな対応ができさえすれば、ビジネスチャンスを逃さないということも起こります。緊急のときには、事業者ローンの申し込みをするとき、エニーにその旨を必ず伝えるべきです。

エニーの店頭窓口で直接融資を受けるだけでなく、銀行口座に直接振り込んでもらう方法もあります。利用目的によっては、銀行の口座に直接入金してもらった方が、緊急事態に間に合うということもあるでしょう。そのときどきの状況に応じて、エニーに相談だけでもしてみてはいかがでしょう。


eny360x120.jpg

 

使途が問われないのに多額の借り入れOKなエニーの不動産担保ローン


不動産担保ローンは他社でも扱っているところがありますが、エニーは特に幅広い物件に対応をされています。どうせダメだろうとあきらめている不動産があるなら、プランを練り直してみてはいかがでしょう。エニーの不動産担保ローンなら申し込みご本人名義の不動産が準備できないとしても、物件を所有している方の承諾さえ得られれば申し込むことができます。

多くの金融業者では、差し押さえられている物件や税金の未納がある場合は受け付けてもらえませんが、エニーでなら頭ごなしに否定されることはなく、場合によっては対応してもらえるケースもあります。地方にある物件や、別の金融業者の担保に入っている物件でも手続きができます。検査済証や建築確認証がなくても応じてもらえますし、狭小物件や共有持分権、借地権付建物などでも対応してくれます。

エニーの不動産担保ローンで融資可能な金額は、200万~1億円と上限がとても高額です。最長30年の間に返済できればいいので、しっかりマネープランを立ててから申し込めば難しくないのではないでしょうか。

中小や大手などの規模にかかわらず消費者金融で借り入れをする場合、カードローンなどの無担保のキャッシングであるため、どうしても融資金額が抑え目で高い金利になりがちです。エニーの不動産担保ローンの上限金額は、申し込み者に対する信用とさらに不動産の価値に応じた数字がはじき出されていますので、高額な金額の融資が実現しています。

エニーの不動産担保ローンの年率は、5.0~12.8%ととても良心的です。一般的なカードローンの2ケタ台の金利に見慣れていると、信じられないくらい低金利なことがわかります。使い道が原則的に問われない決まりになっていますので、他のビジネスや夢などどんなことに利用しても構いません。趣味などに使っても、定年後の生活費にあてても、ここで得た資金を元にまた増やしてもいいわけです。本人名義の不動産でなくてもいいなどこの商品の持つ柔軟性を生かせば、ますますエニーの不動産担保ローンを生かせる場が広がりそうです。
eny360x120.jpg