エニーキャッシングは正規の消費者金融です。インターネットで大人気のエニーは大手消費者金融とは違い顧客に親身に対応することが評判で口コミで広まっています。よく勘違いされますが、決して闇金ではありません。

エニー キャッシング【評判・口コミ・審査】よく闇金と勘違いされるエニーの実態

eny360x120.jpg

お金が欲しいときに役に立つのがカードローン

お金が必要だと思っても、手持ち資金がなければ、
あきらめるしかないのかというと、そうでもありません。

もっともそういったことは、誰でも百も承知かと思うのですが、
お金が手元になく、貯金もなければ、お金を借りるという方法があるのです。
もちろんお金を借りるのを、由としない人も少なくありません。
そういった人は、お金が必要でもじっと我慢するしかないのです。

しかし、我慢することで、人生の中で数少ないチャンスを逃がすこともあります。
ここでお金を持っていたら…そんな場面は、長い人生の中で数多くあるでしょう。
本当に人生の岐路に立とうかというときのお金は、とても貴重です。

そういった場面は少ないかもしれませんが、ここでお金があったら…。
なんてという場面は、数多くあるのではないでしょうか。
それが些細なことであっても、お金がないよりも、
あったほうが良いに越したことはないのです。

そうなると、お金がないときに頼りになるのは、銀行などの金融機関や、
消費者金融会社などの貸金業者ということになります。

それでも、簡単にお金を貸してくれるところばかりではありません。
少しのお金でしたら、友人知人に頼み込んでお金を借りることもできるでしょう。
しかし、それも信用があってこそです。

友人知人でも普段のつきあいかたから、お金を貸したくないという人もいるかもしれません。
信用というのは、常日頃からのつきあいの中で培っていくものなのです。
そうなると、最後に頼りになるのは身内ということになります。
なんといっても、生まれついてから一緒に暮らしているのですから当然です。
言わば一蓮托生ですし、それ以上に血のつながりというのは大きなものがあるのです。

ここで信用という言葉が出てきました。
友人知人や、身内以外でお金を借りようと思うと、銀行は消費者金融会社が頭に浮かびます。
そして、カードローンなどの金融商品から融資の申し込みをすることになるのですが、
赤の他人以上に、見も知らない人にお金を貸すというのは、
銀行は消費者金融会社の立場からしたら、どうなのでしょうか。

実際に融資の際に審査が行われるのですが、
どういった形で、信用度を測るのか興味の尽きないところです。
実際の信用度というのは、属性と言う言葉に置き換えられます。
属性というのも、専門用語に近い言葉になるのですが、
これがカードローンなどの、融資の申込みをする際の信用度となるのです。

実際には、申し込み書に書かれた内容や、それに基づいて、
信用情報機関に照会を行って得られた与信情報などから、
総合的に判断して、融資の可否を銀行や、消費者金融会社が行っているのです。
 
eny360x120.jpg

属性が悪いと銀行から借りることはできない?

まず最初に、カードローンなどの利用をするのでしたら、銀行からの借り入れがベストです。
というのも、最初は誰もが借金をしていない状態ですから、属性もそれほど悪くはありません。
できれば勤務形態は、正社員がいいでしょう。

最初からアルバイトという人でしたら、銀行からの借り入れは厳しいかもしれませんが、
それでも、銀行からの借り入れを模索するべきでしょう。

口コミサイトなどでも、属性が低い人でも銀行から借り入れができる、
ノウハウなどの書き込みがありますから、参考にしたらいいと思います。

銀行のほうがいいのは、これは言わずもがななのですが、
金利が、消費者金融会社と比較しても低いからです。
お金はどこで借りても、お金であることに変わりはありません。
ということは、お金を借りて返済するということになると、
少しでも金利が低いほうが利息も少なくて済むからです。

ですから、最初は借りやすいですから、銀行からの借り入れがベストということになるのです。
最初は借りやすいというのは、他に借金がないことから属性が、それほど悪くないのが一番の理由です。
借金を始めて、それが他社借り入れなどが増えてくると、銀行はそういった多重債務を嫌います。
よって、カードローンなどの借り入れが難しくなるのです。

また、銀行からの借り入れを優先すべき、もう一つの大きな理由が総量規制の問題です。
これは年収の3分の1までしか、借りることができないという規制なのですが、
消費者金融会社のカードローンに適用されるものです。
銀行のカードローンには適用されません。

ですから、借りるなら最初は銀行カードローンがいいのです。
それもできるだけ、利用限度額の大きいカードローンに申し込むようにしたいものです。
 
eny360x120.jpg
 

誰もが銀行で借りることができるわけではない

銀行からの借り入れがベストなのは間違いありません。
しかし、誰もが銀行からお金を借りることができるわけではありません。

無借金状態でしたら銀行からの借り入れもできやすいのですが、それにも審査があります。
正社員で安定した収入があれば、ほぼ間違いなく借りることができると思いますが、
パートアルバイトとなると、借り入れが厳しくなるのです。
銀行自体の審査が厳しいのです。

金利が低いので、誰もが銀行からお金を借りたいと考えるのですが、
銀行の審査のハードルが高いのは、銀行がお金を貸すだけの貸金業者ではないからです。
ご存知のように、銀行は預金者からお金を預かることが主業務の一つです。

お金を預かって、そのお金を資金運用に回したり、
カードローンや住宅ローンなどの貸出業務を行っているのです。
原資は預貯金ですから、そのような多くの預金者から、
預かったお金を貸し出すことで、焦げ付きが起こったら大変です。

ですから、銀行のカードローンなどの貸し出しについては、
消費者金融会社よりも、厳しい審査が行われているのです。
 
eny360x120.jpg
 

銀行から借りることができなかったら?

銀行からお金を借りることができなかったら、消費者金融会社からの借り入れになります。
消費者金融会社は、その業容がかなり幅が広いです。

大手消費者金融会社から中小消費者金融会社、
さらには、小規模な街金と呼ばれる消費者金融会社があります。
消費者金融会社も、大きく3段階程度に分かれていると考えていいでしょう。

消費者金融会社の中でも、アコムやプロミス、アイフルといった、
全国的に知名度の高い消費者金融会社は、大手と呼ばれる消費者金融会社です。
全国各地に店舗がありますし、無人契約機も設置されています。
使い勝手も良く、なんといっても土日でも、
お金を借りることができるのが、大きなメリットと言えるでしょう。
このあたりの使い勝手の良さは銀行にはないものです。

しかし、消費者金融会社のカードローンは、銀行のカードローンと比較しても、
金利の高さが、どうしてもネックとなってしまいます。
それと、先述しましたが総量規制の問題も、大きなデメリットと言えるのです。

年収が300万円の人でしたら、消費者金融会社のカードローンでは、
100万円までの融資となってしまいます。
これは、消費者金融会社のカードローンからの借り入れの総額ですから、
他の消費者金融会社で、50万円の借り入れを行っているとしたら、
他の消費者金融会社では、新たなカードローンからの借り入れも、50万円ということになるのです。

年収300万円の3分の1の金額ですから、その人が消費者金融会社のカードローンから、
借りることのできるお金は、上限が100万円ということになるわけです。

しかし、総量規制というのは、たくさんのお金を必要としている人には大きな足かせとなります。
それの回避策というわけではないのですが、消費者金融会社が用意している金融商品で、
おまとめローン、さらには事業者ローンなどは、総量規制の対象外となります。
こちらのご活用を検討してみるといいと思います。

但し条件があって、事業者ローンは、個人事業主や企業経営者向けのローンです。
これを利用するには、申し込み書の他に事業計画書の提出が必要になります。
有望な事業計画書でないと、審査にパスすることはできないでしょう。
事前に入念な事業計画書の作成が必要になります。

もう一つのおまとめローンですが、これは多重債務を一本化することです。
借金の総額は変わらないのですが、トータルの金利が低くなって、
おまとめローン前の多重債務のときよりも、金利手数料が少なくなって、
毎月の返済金額も少なくなると行ったメリットがあります。

それにもまして、一番のメリットは返済が一度で済むことでしょう。
多重債務のときは、借り入れごとに支払日が決まっているので、
都度銀行の残高を気にしていなければならなかったのですが、
それが、一本化されるだけでも、大きなメリットとなるのです。
 
eny360x120.jpg
eny360x120.jpg